バイアグラ レビトラ シアリス
 
このサイトをお気に入りに追加
発送方法
お支払方法
メルマガ登録
お名前:
Email:
商品カテゴリ
 


 
商品名 服用量 数量 通常価格 新価格 無料増量 カートに入れる
ジェネリック・レビトラ 20mg 10錠 13610円 10890円 1089円
ジェネリック・レビトラ 20mg 15錠 18560円 14850円 990円
ジェネリック・レビトラ 20mg 20錠 21860円 17490円 875円
ジェネリック・レビトラ 20mg 30錠 25990円 20790円 693円
ジェネリック・レビトラ 20mg 40錠 32860円 26290円 657円
ジェネリック・レビトラ 20mg 50錠 38360円 30690円 614円
ジェネリック・レビトラ 20mg 60錠 45240円 36190円 603円
 


勃起力低下EDの2大発症原因
1.精神的要因 ⇒ 機能性
精神的要因で勃起力低下EDになるもので「機能性ED」と呼ばれています。代表的なのは、いわゆる「ストレス」です。ストレスによる心理的・精神的圧迫感や、正常な感覚の歪みからEDを発症します。これまではストレスがまず性欲減退をまねき、性欲減退が勃起力低下EDを起こすとみられていましたが、研究が進んだ結果、人間の脳神経系 の中で性行動と情動の中枢が表裏一体となっていると判明し、ストレスが直接的に勃起力低下EDを引き起こすことが分かりました。

2.身体的要因 ⇒ 器質性
男性器の勃起に関する神経、血管、組織、ホルモンなどに何らかの器質的変化があって勃起力低下EDになるケースで「器質性ED」と呼ばれています。勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こります。そのどちらか、あるいは両方に障害が起きることがED発症の主な原因と言わ れています。

*若年層に多く見られる勃起力低下ED発症の原因
ほとんどが心因性と言われています。仕事からのストレス・精神的抑圧、性的無知による性交渉の失敗、子供を欲しがるがゆえの性交渉プレッシャー等、ストレスやトラウマといったメンタルな部分と、暴飲暴食・喫煙・睡眠不足・運動不足による生活習慣的なものが、若年層勃起力低下EDの原因にあげられています。

ジェネリック医薬品について
新薬が発売されますと製造元に一定期間の薬事特許が与えられます。特許期間中は別の製薬会社が同じ有効成分の薬品を製造することが禁止されます。ジェネリック薬品とはこの特許期間の満了後、別のメーカーから出た同じ成分同じ効能の薬品をのことを言います。開発費が定価にのっていないため、先発品よりも価格が40%?80%と安く発売されます。製品名や色形はメーカーごとで設定しますのでメーカー別でそれぞれ異なりますが、含有成分は同じで効用の方も同様です。
日本の医療現場では患者の負担が決して低くなく、これを軽減すべくジェネリック医薬品の普及に厚生省が乗り出し、広く知られるようになりました。呼称方法が特徴的で、製品名がメーカー数と同じだけあり、参入が多い製品は混乱が予想され、投薬ミスを未然に防ぐ目的で、成分名やジェネリック●●(純正品名)と呼ばれたりします。

ジェネリックレビトラの使用前の注意事項
レビトラは医師の処方に添って自己責任でご使用ください。レビトラはバイアグラに比べ食事やアルコールの影響を受けにくいとされています。しかし、大量の食事やアルコール摂取はやはり避けた方が望ましいでしょう。服用は成人男性に限ります。性行為の25?1時間前に10mgをコップ1杯の水と一緒に服用します。場合によって最大20mgまで服用します。レビトラは服用後最短25分ほどで効果が表れ、最大で5時間近く持続します。基本的にいつでも服用できますが、大量の食後または、高コレステロールの食後には効果が少ないことがあります。レビトラを大量に摂取した場合、副作用あるいは腰痛を感じる可能性があるので1日に1度以上服用は避けてください。レビトラを大量に摂取した場合は、必ず医師に相談してください。

※下記に当てはまる方の服用は危険です。医師にご相談ください。
不整脈、低血圧または高血圧症の方、主成分であるVardenafil(バルデナフィル)に薬剤アレルギーのある方、脳梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方、ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方、肝臓障害、末期腎不全患者、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方

※以下に当てはまる方は、医師の指示を受けた上で十分注意して使用して下さい。 (心臓に疾患のある方には、性行為そのものが心臓に負担をかけリスクを伴いますのでご配慮ください。また、もし心臓に何らかの問題を抱えている場合は、必ず医者に相談してください。)
鎌状赤血球貧血の方、骨髄がんの方、白血病の方、腎臓、肝臓に疾患のある方

※性行為そのものが危険と判断される場合(重度心臓病や脳卒中、極度の低血圧や未管理の高血圧など)は使用できません。 グレープフルーツ、グレープフルーツ ジュースを食した後にの「ビットリア」を服用も危険です。血中濃度があがりすぎることがありますので絶対服用しないでください。 他の薬品と 24 時間以内の同時服用は厳禁です。命にかかわる副作用が発生する恐れがあり、絶対に服用してはいけません。現在服用中の薬がある方は医師に必ずご相談くださ い。レビトラを心臓の薬や血圧の薬と誤って併用した場合、大変危険です。併用禁忌については後述します。

ジェネリックレビトラの副作用について
レビトラの副作用の中で最も一般に報告される副作用は「頭痛」と「のぼせ」です。その他消化不良(胃痛)、めまい、鼻水、鼻づまり、むかつき、消化不良、頭痛、胃の不快感、青と緑との区別が難しくなるなどの視覚の変化が起こる可能性があります。 服用後、勃起の状態が4時間続いた場合は、主治医に連絡するか緊急処置をしてくれる医療機関に連絡してください。長時間勃起が続くとペニスに悪影響を及ぼす可能性があります。

※上記は完全な副作用のリストではありませんのでもっと詳しくお知りになりたい場合、お近くの医師などにご相談ください。

ジェネリックレビトラの保管にあたっての注意事項
密閉容器に入れ、室温(15?30 度の間)で直射日光を避けて保存してください。レビトラはお子様の手の届かないような場所に保管してください。

レビトラ(塩酸バルデナフィル)の併用禁忌 危険な他の薬品との併用について
◆硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼¥り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の商品名一覧 アイトロール錠10mg/20mgニトラステープアイスラール錠20mgニトルビン錠5アイロクール錠20mgニトロールRカプセル20mg亜硝酸アミル ニトロール錠アパティアテープニトロールスプレーアンタップ/Rニトロール注5mg/50mg/100mgイソコロナールRカプセルニトログリセリン錠 山川イソニトール錠20ニトログリセリン注-ACCイソピットニトロシンパフイソモニット錠20mg ニトロスロー錠イブステン錠5ニトロダームTTSエスタット錠5mgニトロバイド錠5mgL-オーネスゲン錠ニトロフィックス5/10カリアント錠10ニ トロペン錠カリアントTPカプセルニトロラム冠動注用ミリスロール0.5mg/10mlニプラノール点眼液コバインター錠5mgハイパジールコーワ錠3/ 錠6コンスピット錠ハイパジールコーワ点眼液サークレス注0.05%/0.1%バソレーターRB2.5サワドールL錠バソレーター注5mg/注 50mgサワドールテープ/SバソレーターテープジアセラL錠バソレーター軟膏シグマート錠2.5mg/5mgフランドルシグマート注 2mg/12mg/48mgフランソルテープSシグランコート錠2.5mg/5mgペネティISDNテープジドレンテープヘルツァーSシベラント錠 5mgヘルピニン-Rカプセルシルビノール錠5mgホクスノールLカプセル硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)ミオコールスプレー硝酸イソソルビドテープ[EMEC]ミニトロテープステンベルガー錠5mgミリステープスレンドミン錠ミリスロール注セラモンテ錠ミリスロールテープソプレロール錠 20mgメズサビド錠5タイシロール錠20mgメディトランステープニコランジス錠2.5mg/5mgメディトランスニトロニコランタ錠5ラブノールRカ プセルニコランマート錠リファタックL錠ニトソルビド注0.05%/0.1リファタックテープSニトプロ注リベラステープ その他ビットリアの併用禁忌

◆内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)の商品名 イコナゾンカプセル50イトラコンカプセル50イデノラートカプセル50mgイトラリール錠50/100イトラートカプセル50イトリゾールカプセル50イトラコナゾール錠50/100「MEEK」トラコナ錠50mgイトラコネート錠50mg  併用することによりビットリア(塩酸バルデナフィル)の血中濃度が上昇することがあるため上記のお薬を服用している方にビットリアは服用いただけません。

◆抗不整脈薬の商品名 アジマリン錠50「イセイ」ノルペースCR錠アジマリン錠「ヨウシン」ピメノールカプセル50mg/100mgアミサリン錠125mg/250mgファン ミルR錠アミサリン注ファンミルカプセルアンカロン錠100ミコルテン R錠ジソピラR錠リスピンジソピランカプセルリスピンR錠シベノール錠50mg/100mgリスモダンR錠150mgシベノール注射液リスモダンカプ セル 50mg/100mgシンビット静注用50mgリスモダンP注ソタコール錠40mg/80mgリスラミドR錠ソピラート「カプセル」リゾラミドR錠タ イリンダーR錠リゾラミドカプセルタイリンダーカプセル硫酸キニジン錠チヨバンカプセル/50mg硫酸キニジン錠「ホエイ」ノルペース 50mg/100mg硫酸キニジン「ホエイ」 併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能¥性があるため上記のお薬を服用している方にビットリアは服用いただけません。

※ここに記述がなく、新しく発売された薬品については、お近くの医療機関で併用の安全性についてお尋ねください。

※そのほかにもビットリアとの併用の危険性 がはっきりしないものの、危険視されているものとして合法ドラッグと言うものがあります。現在若年層を中心に流行しておりますが、こちらの薬品とビットリ アの併用も未知の副作用を危険視されています。

※上記は完全な併用禁忌のリストではありません。詳しくお知りになりたい場合はお近くの医師にご相談ください。


「アイ薬」個人輸入代行で取り扱っているすべての商標は各会社からの登録商標によるものです。

ご注意:お支払いについて

サイト上の表示価格は日本円ですが、クレジットカード決済は海外で行っている為、決済日及び為替レートの変動によって差額が発生する事がございます。ご理解の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

メーカーから直接シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。 オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。


リピーターの方には5%増量でお届けいたします!


「アイ薬」のブログへはこちらをクリック
ブログからお得な情報をゲット!!
 

当サイトについて プライバシーポリシー リンク ニュース アフィリエイト マイアカウント 価格表 お問い合わせ

 
monitored